日本脳神経外科学会では、昨年に引き続き、医学生および初期研修医を対象とした、標記の会を開催することになりました。 
懇親会も予定しておりますので、お気軽にご参加ください。事前の申込みは不要です。

日時:2019年5月19日(日) 15:15~17:15 
会場:パシフィコ横浜 会議センター4F 419
   (第39回日本脳神経外科コングレスの最終日です) 
対象:医学生、初期研修医 

◆第一部 講演会 
開会の辞 園田順彦先生(山形大学)
座長 加藤庸子先生(藤田医科大学ばんたね病院)
   藤巻高光先生(埼玉医科大学)
   井川房夫先生(島根県立中央病院)
講演1   
片岡仁美先生(岡山大学)「働き方改革時代の女性医師のキャリア支援を考える」 
研修医からの提言1: 藤原望先生(弘前大学)「青森での後期研修医生活」 
研修医からの提言2:松尾彩香先生(長崎大学)「私が脳神経外科を志した理由」
研修医からの提言3:藤井晶子先生(京都大学)「私が脳神経外科という選択」
研修医からの提言4:松橋阿子先生(東京大学)「女性医師だからこそ医師の本質に拘り続ける」
講演2   
松尾孝之先生(長崎大学)「時代を見据えた、私の教室づくり」 
講演3   
松村明先生(筑波大学)「女性医師のキャリアサポート。筑波大学付属病院の取り組み」 

コメンテーター 前原健寿先生(東京医科歯科大学)
        松前光紀先生(東海大学)

閉会の辞 櫻田香先生(山形大学)

◆第二部 講演会
司会 周郷延雄(東邦大学医療センター大森病院)

チラシのダウンロードはこちらから(PDF/512KB)