学会について
ホーム学術総会・関連学会学会開催者の方へCOI(利益相反)管理について

COI(利益相反)管理について

『学術総会・支部会』における発表者のCOI管理

※会員の方は会員専用ページの「COI手続き」をご覧ください

「医学研究のCOI(利益相反)に関する指針及び細則」 並びに「学会主催におけるCOIマネージメントの要点について」(資料1.)に則り、以下のとおりご対応ください。

  1. 直近3年間すべてのオンラインCOI自己申告が未完了な会員や、入会後3年未満の会員、非会員の演者からは、紙媒体の申告書(資料3.または4.)の提出を求める。
  2. 演者から提出されたCOI情報を、学会終了後に当該会長がまとめて、①PDFファイルと、②そのプリントアウト(紙媒体)を、日本脳神経外科学会COI委員会(事務局)に書留郵便で提出する。
  3. 事務局ではそれを鍵のかかる保管庫に保存する。
  4. 保存期間は学会終了後、5年間とする。
  5. 開示請求があった場合の対応は、日本脳神経外科学会COI委員会で検討する。

なお、上記以外の学会や関連学会が発表者のCOIをまとめたとしても、それを脳神経外科学会COI委員会に送る必要はなく、当該学会でしかるべく保存してください。

■資料

PDF1.学会主催におけるCOIマネージメントの要点について(PDF/232KB) 〔2014年11月1日改訂〕

PDF2.開示スライド例(様式1)(DOC/35KB) 〔2015年6月1日改訂〕

Word3.日本脳神経外科学会COI自己申告書(非会員用)(DOC/35KB) 〔2015年6月1日改訂〕

Word4.過去3年間のCOI自己申告が完了していない会員(新規入会を含む)用申告書(DOC/36KB) 〔2015年6月1日改訂〕

ページトップへ