学会について
ホーム学会について日本脳神経外科学会とは

日本脳神経外科学会とは

一般社団法人日本脳神経外科学会は、脳神経外科学に関する学理及びその応用についての研究発表、知識の交換、会員相互及び内外の関連学会との連携協力等を行うことにより、脳神経外科学の進歩普及を図り、もってわが国の学術の発展に寄与すると共に脳神経外科診療を通じ、国民の福祉に貢献することを目的としています。

平成29年9月現在、7,685名の脳神経外科専門医が認定されています。
また、名誉・特別会員155名(うち外国人43名)、客員会員34名、賛助会員58名ほか、研修中の医師を含め、会員総数は9,688名です。

ページトップへ