学会について
ホーム学会について理事長ご挨拶

理事長ご挨拶

一般社団法人日本脳神経外科学会
理事長  新井 一

新井理事長

脳神経外科学会は昭和23年(1948年)に日本脳・神経外科研究会として発足し、昭和27年(1952年)に日本脳・神経外科学会と改称しました。その後、昭和40年(1965年)に当時の医療法第70条に「脳神経外科」が診療科名として正式に加えられた際に、法律用語上の理由から「脳」と「神経」の間にあった「・」が除かれ、日本脳神経外科学会と改名し現在に至っています。「脳」と「神経」の間にあった「・」は、「脳」が中枢神経(脳・脊髄)を、「神経」が末梢神経を指すことを意図した先人の思いの表れであります。そして、この先人の思いは現在も変わらぬ真実であり、したがって脳神経外科は脳・脊髄および末梢神経に関する外科と定義することができます。

一方で、脳神経外科は基本的診療領域に属し、我が国の医療・医学を支える根幹的な診療科であります。現在では、全国全ての大学に脳神経外科学講座が設置されており、地域の基幹病院においても脳神経外科は欠くことのできない診療科となっています。また、多くの脳神経外科医が様々な形態の診療所・クリニックを開設しており、これらの活動はまさに第一線で地域医療に貢献するものといえます。脳神経外科医の活動は、神経系に対する高度な手術に限定されるものではなく、一般的な救急対応、MRI、CT、血管撮影などの画像診断、種々の神経疾患に対する非外科的治療、脳ドック、術前術後管理、リハビリテーション、長期予後管理と極めて多岐にわたっています。まさに脳神経外科は、「脳・脊髄に生じる疾患の予防、急性期治療、慢性期治療」を網羅的に行う診療科であり、脳神経外科医は「外科医の目と技を持った神経系総合医」といえます。

このように、我が国の医療・医学において極めて重要な役割を担っている脳神経外科ですが、その質を担保すべく昭和41年(1966年)に麻酔科学会に続き専門医制度が設立されました。以来約7,700人にのぼる脳神経外科専門医を世に送り出してきましたが、本学会の専門医制度は、数ある専門医制度のなかでもレベルが高く、公平性・透明性を担保したものとして高い評価を受けています。昭和48年(1973年)には、東京大学脳神経外科佐野圭司教授(当時)を会長に、第5回国際脳神経外科学会を東京において開催しました。この国際学会の開催は、それまで欧米を手本に発展途上にあった我が国の脳神経外科が、国際レベルに肩を並べる契機となったエポックメイキングな出来事でありました。現在では、本学会会員による臨床あるいは学術的な活動は世界トップレベルの水準であり、我が国は世界の脳神経外科をリードする立場となっています。平成15年(2003年)には、組織としての人格と権利を得ることを目途に、本学会はそれまでの任意団体から社団法人になり、さらに平成24年(2012年)には公益法人制度改革の流れのなかで一般社団法人となりました。このような改組にともない、本学会が負う社会的責任は否が応にも重いものになってきました。

本学会の理念は、「社会と共に歩み、脳と脊髄を守る脳神経外科」であります。私たち脳神経外科医は高い理念と熱い情熱とを抱いて、脳神経疾患の診療に日夜取り組んでおり、本学会はこれらの脳神経外科医をサポートしていきます。同時に、医道の本質を決して忘れることなく、科学者としての澄んだ目で物事をしっかりと見定め、その上で我が国の医学・医療の発展に貢献していく所存です。本学会に対する社会の皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。

2017年10月

ページトップへ