学会について
ホーム会員の方へお知らせ『学会の総意でAMED等への研究費を申請する場合の学会としての意思一致に関する課題』について

お知らせ

『学会の総意でAMED等への研究費を申請する場合の学会としての意思一致に関する課題』について


上記課題について、平成28年9月28日開催の理事会において下記のとおり承認されましたので遺漏のないようお願いします。


『学会の総意でAMED等への研究費を申請する場合の学会としての意思一致に関する課題』

日本脳神経外科学会会員が文部科学省、厚生労働省の科学技術研究費、AMEDの科学技術研究費等へ応募することは当然であるが自由である。
しかし、前記の組織等から指定された課題が学会へ公式、非公式に応募を依頼された場合で、日本脳神経外科学会として応募することが決定した課題に関しては、会員に広く情報を提供し意見を取り上げ、学会として一本化して応募することを原則とし、学会としての応募事実を会員に広報する。
このことにより学会組織としてオールジャパンの研究ができるので、学会員個人及び複数人、あるいは他学会員と共同で同じテーマに応募することは原則遠慮していただく。
もし、学会としてオールジャパンの研究体制ができない場合には、原則としてその研究には学会は公的には関与しないものとする。
                           以上

一般社団法人日本脳神経外科学会
理事長 嘉山 孝正

ページトップへ

お知らせにもどる