学会について
ホーム会員の方へお知らせ手術症例登録事業についてご協力のお願い(第一報)

お知らせ

手術症例登録事業についてご協力のお願い(第一報)


日本脳神経外科学会では、手術症例のオンライン登録事業を開始することとなりました。既に外科でNational Clinical Database (NCD) 事業として手術症例登録が行われていますが、日本脳神経外科学会もこのNCDに参加して登録事業を実施します。
この事業の目的は、一般社団法人の責務として脳神経外科の医療水準を評価し、国民への医療の質の証明を行うことにあります。また、脳神経外科保険診療の改善を検討する際の基本資料となり、さらに、様々な臨床研究を展開する基盤となります。
平成27年1月1日より全施設で全例の手術症例を登録していただくことになります。その他、重要なポイントを下記に記しました。登録方法の詳細等はホームページ・文書・社員総会等で、順次お知らせする予定です。事業開始に備え、ご高配の程をよろしくお願い申し上げます。

                              記
1.手術症例登録は、これまでの施設定期報告の発展型として構築し、全ての症例について逐次登録していただく事になります。なるべく負担の少ない形で構築しますが、退院時のmRS入力等が必要となります。また、一部施設では未破裂動脈瘤の詳細登録を開始する予定です。
2. 近日中に仕様等をHPに公開しパブリックコメントを求めますので、ご検討をお願い致します。
3. データベースのcopy rightは、日本脳神経外科学会に帰属します。また、外科の専門医制度に組み込まれることはありません。
4. 倫理委員会審査の方法については改めてご案内させていただきます。なお、既に外科がNCDに参加している施設では、新たな倫理委員会の審査の必要はありません。
  ●参考:http://www.ncd.or.jp/about/about5.html
5. 平成27年1月から行う平成26年度の施設定期報告は別途必要となります。
                                                              以上
    
一般社団法人日本脳神経外科学会
理事長 嘉山孝正
手術症例登録準備委員長 斉藤延人


ページトップへ

お知らせにもどる