学会について
ホーム会員の方へお知らせWFSBP2013KYOTO Congress(第11回世界生物学的精神医学会国際会議) 開催のお知らせ

お知らせ

WFSBP2013KYOTO Congress(第11回世界生物学的精神医学会国際会議) 開催のお知らせ


WFSBP 2013 - 11th World Congress of Biological Psychiatry
第11回世界生物学的精神医学会国際会議
23 - 27 June | Kyoto, Japan
www.wfsbp-congress.org

------------------------------------------------------------------------
この度、日本生物学的精神医学会では、標記要領で開催されるWFSBP2013KYOTO
Congress(第11回世界生物学的精神医学会国際会議)をホストする運びとなりま
した。

同会議はWFSBP(World Federation of Biological Psychiatry)が隔年〜Triennal
で開催する生物学的精神医学の国際会議で、アジアでは初の開催となる今回では
3,000人以上の参加者と1,000題以上の一般演題が期待されております。

また、2013年度の第35回日本生物学的精神医学会はWFSBP2013KYOTO Congressと
の合同大会となり、本学会への演題も全てWFSBP Congressの演題として取り扱い
ます。

WFSBP2013KYOTOの演題募集の締め切りは2013年1月15日ですのでご留意下さい。
WFSBPのホームページより奮ってのご登録をお待ちしております。
http://www.wfsbp-congress.org/

We are proud to announce the outstanding contribution of the following
speakers:

Goodbye Kraepelin: Schizophrenia as a disorder of regenerative
capacities of the human brain
- Peter Falkai (Germany)

Inborn errors of metabolism in psychiatry
- Frederic Sedel (France)

Computational neuroscience approach to biomarkers and treatments for
psychiatric diseases
- Mitsuo Kawato (Japan)

Executive & social functions and the frontal lobes: New concepts and
implications for psychiatry
- Facundo Manes (Argentina)

Interface of psychosis and depression in translational psychiatry
- Akira Sawa (USA)

ページトップへ

お知らせにもどる