学会について
ホーム会員の方へお知らせ未破裂脳動脈瘤の自然経過に関する大規模研究の結果発表
−学会主催研究(UCAS Japan)の成果についてー

お知らせ

未破裂脳動脈瘤の自然経過に関する大規模研究の結果発表
−学会主催研究(UCAS Japan)の成果についてー


危険なクモ膜下出血の原因となる未破裂脳動脈瘤の自然経過について、本学会は、2001年から学会を挙げて全国規模の前向き観察研究(UCAS Japan)を行ってまいりました。今般、その研究結果が国際的に影響力の大きいNew England Journal of Medicine誌に掲載されましたが、内容が必ずしも正確に伝わっていないことが懸念されます。未破裂脳動脈瘤の自然経過はクモ膜下出血の予防に重要な事項ですので、本項では論文の概要を紹介し、本学会として一般の方々のためにわかりやすいように以下の解説を作成いたしました。関心をお持ちの皆様には、ぜひご一読ください。

ここをクリック

ページトップへ

お知らせにもどる