学会について
ホーム会員の方へお知らせ先端医療分野において今後特許対象とすべき発明に関する調査協力について

お知らせ

先端医療分野において今後特許対象とすべき発明に関する調査協力について


平素より本会業務推進にご協力を賜りまして深謝申し上げます.
この度,内閣官房知的財産戦略推進事務局の素川富司事務局長(内閣審議官)から本職宛に「先端医療分野において今後特許対象とすべき発明に関する調査協力」の依頼がありました.この調査協力依頼については,下記のとおり首相官邸のホームページにサイトされています.
知的財産戦略本部(本部長:麻生太郎内閣総理大臣)は,「先端医療特許検討委員会」(委員長:金澤一労日本学術会議会長)を設置し,当委員会の事務を務める知的財産戦略推進事務局において,新たに特許付与の対象と考えられる発明の具体的事例を広く収集し,今後特許対象とすることを検討すべきと考えられる発明の具体的事例に関する調査を行う旨の協力依頼です.協力の内容,調査フォーマット等は,下記のホームページにサイトされています.
貴学会において,会員の皆様に本調査の趣旨・内容を周知いただきご協力をいただきますようご高配のほど,よろしくお願いします.
 知的財産戦略推進事務局の担当は,岡田氏 大木氏(電話:03-3539-1838 
Fax:03-3502-0087)です.


協力内容
URL:こちら

調査フォーマット
URL:こちら

日本医学会
会長 久史麿

ページトップへ

お知らせにもどる